ギタリストの弟子たちのサンタになってきた、の巻

12月末に近づき、今年のレッスンも残りわずか。

せっかくのクリスマス週、レッスンも詰まっていたので、今日は1年以上続けてくれている弟子たちにクリスマスプレゼントを渡してきた。

今までは、そういうことは全然してこなかったんだけど、なんだか急にしたくなって。

きっと、それは今年仲良くしてもらった方たちの影響だと思う。
今年仲良くしてもらった方たちが、そういうことをする人だから、自分もそうなったんだろうと思う。

一緒に時間を過ごすと影響を受ける。
誰かにしてもらったことは、自分もするようになる。

今年は、本当に勉強になった1年だったと思う。
そして、自分に自信のついた1年だったと思う。

レッスンを始めたばかりの頃は、すぐにやめてしまう人も多かったし、レッスンを習ってもたいして成果を出してあげられなかった人もいると思う。
今、考えると申し訳なく思う。

それが、昨年辺りから感謝の言葉をもらうことが増えてきて、今年から感謝の行動をもらうことが増えてきた。

お金を払う、もらうの関係だとギクシャクするものだと思っていたけれど、その値段以上に感謝されることの驚きと、自信を味わった。

そうだなぁ、それぞれの立場での関係性はあれど、別にお金が関わるか、関わらないかで区別されるものではないんだよなぁ。

長く続く関係って、与えっぱなしにならないし、もらいっぱなしにならない。

これも2017年の目標だけれど、もらった分の2割くらいは何かの形で相手に返すように心掛けよう、と。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。