本日はコロイデア音楽塾新年会でした!

まだこういった生徒の集う場に顔を出したことのない方などは、どんな雰囲気かわからないから不安という方もいるので、毎度写真を撮ってアップしようと思っているのですが、毎度忘れてしまってます。。

だけど、今日は初めて来てくれた方もいて良かった。

色々、イベントのことを相談したいと思っていたり、どんなことを話そうと考えては行くのだけれど、実際現場に行くと人と人との会話ですから、その場で話が生まれて考えていたことは何も話せず。

いつも思うのだけれど、とても時間が短いなぁ、と。
時間的にはかなり長めにやっているのだけれど時が過ぎるのが早くて、なかなか全員とお話できないもの。

普段話せない自分の生徒以外とも話したいと思うし、だけれど自分の生徒とは普段レッスンの話しかしないからそれ以外の話もしたいなと思うし、講師同士でも話したいなと思うけど、そう思っていると時間が足りない。
いっそのこと、12時間くらいやってもいいんじゃないかと思う。

参加してくれてる生徒には毎度楽しんでもらえてると思うのだけれど、同じように思ってくれてるのかなぁ。

音楽を教えるという場を提供しているわけだけれど、その場から生まれる交流といった二次的なものがとても大きくて、それは別に音楽教室のような場じゃなくても、CDでもライブでもそうで、そんな繋がりをたくさん生むことができるのが音楽の魅力なのかなぁ、と思います。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。