また新しいギターの生徒さんが加わりました!

2月末まで受け付けていた、短期4回コースのキャンペーンにお申し込みいただいた10代の受講者様。

「オリジナル曲が作れるようになりたい!」

というのが目標だったので、4回のレッスンを通して、曲作りのやり方をレクチャー。

ひとまず4回で終了するレッスンコースだったので、1曲まるまる作るまでは生徒さん的にも難しかったと思いますが、ワンコーラスの骨組みまでは完成しました。

今まで、数多く楽曲をコピーした人であれば、けっこう感覚で作曲できたりするものでもありますが、そうはいっても初めての曲作りというのは難しいものです。

曲作りの方法については、アーティストそれぞれなので、これが正しいというものはないので、自分に合った曲作りの仕方を身に付ければ良いのですが、オリジナル曲が作れない人の傾向としては、いきなりゼロから作ろうとしてしまうことです。

歌詞を例にすれば分かると思いますが、歌詞の中にオリジナルの言葉なんてないですよね?

文章がオリジナルなだけで、単語自体はオリジナルではありません。
単語の組み合わせがオリジナルなんです。

もっと言えば、あいうえおの五十音もオリジナルのものではなく、最初からあるものです。

ですから、五十音を覚えた上で、単語を覚えた上で、はじめてオリジナルの歌詞が作れるわけですが、これが音楽で曲を作るとなると五十音を作ろうとしたり、単語を作ろうとしたり考えてしまうんですよね。

楽曲をたくさんコピーした人のほうが、簡単に曲を作れるというのはそういうことで、歌詞で例えれば、たくさんの歌詞や小節などを読んできたから自然と単語を覚えて、文章の構成が身に付いているということです。

今回の受講者様は、4回のレッスンを通して曲作りについて学んでいただき効果を実感してもらえたので、通常のレッスンで継続していただくことになりました!

今後は、1曲完成を目標にして、その後バンドも組んでいきたいとのことなので、しっかりサポートしていきたいと思います!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。