先日はコロイデア定期発表会でした!

少し時間が経過してしまいましたが、先日6月17日はコロイデア音楽塾の生徒達による定期発表会でした!

普段は、講師とマンツーマンのレッスンなので、日頃の練習の成果と、他の生徒との交流の場を設けたいと思い、定期的に開催しているイベントです。

いつもは、生徒のお友達関係しか入場できないのですが、今回は一般のお客さんも入場できるようにしました。

ライブバーを使わせて頂いているので、そこまで収容人数は多くないですが、満員御礼!

初めて出る方、イベントを通して仲良くなって一緒に演奏するようになった方、自分のバンドメンバーを連れてきた方、様々なタイプの方が出演して、大変面白いイベントになりました。

本当は全ての方を紹介したいのですが、写真掲載などの確認も撮れていないので、ここではピックアップしてお一人だけ。

左がKatzuya Shimizu氏、右がchoro、そして真ん中が生徒さんですが、彼女は4年ほどKatzuya Shimizu氏の下でギターを習っているのですが、当初はほぼ初心者の状態。

彼女の目標は、「ブルースセッションでアドリブを弾けるようになること」。
その夢が、この日実現しました!

ギターでアドリブを弾けるようになるって、けっこう大変なことなんですが、ただ弾けるだけでなく、生み出すフレーズも素晴らしかったです。

最後は、ベースの講師も来てくれていたので、講師陣3人と発表会に出演していたカホンの女の子を交えて、急遽Over the rainbowを演奏。

この日は、普段ライブハウスで活動しているバンドマンも出演していて、計3枚のCDもいただきました。

生徒達の夢を叶えるのが、僕らの仕事ですが、僕ら自身も音楽活動をしていて夢の途中。

成長し続けなければ、教え続けることはできませんから、なんだか一緒に夢を追いかけているようでとても楽しい。

僕個人の話としては、環境の変化などで卒業していった生徒たちもこの日遊びに来てくれていて、「choroさんとの出会いがきっかけで、自分の目標を見つけることができました」とか、「今度、子供が生まれるんですけど、子供がギターやりたいって言ったら教えてあげてほしいです」とか、色々と嬉しい言葉をいただきました。

たまに、バックレてしまう生徒もいるのですが、ちゃんと「卒業」という形で僕の下を離れていった方とは、「別れ」はないのだなぁと実感する一日でもありました。

別に、人に感謝されるためにやっているわけではないですが、感謝されることを仕事にできているというのは、とても自信に繋がります。

生徒達のそれぞれの夢を叶えられるように、自分達自身ももっと精進ですね。
ではでは。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。