【ボカロ 弾いてみた】Katzuya Shimizu(八十八ヶ所巡礼)のギターフレーズの作り方

斬新なアレンジとライブが印象的でおすすめの人気バンド八十八ヶ所巡礼のスーパー速弾きギタリスト Katzuya Shimizu氏がなんと「全力症状」のギターの「弾いてみた」をやってくれました!

録音方法、機材、作り方など気になる方は、ボカロ曲「全力症状」ミックス講座のカテゴリー記事一覧を参考にしてみてください。

ギターのアレンジから演奏まで、全てやってくれてます!

Katzuya Shimizu(八十八ヶ所巡礼)】全力症状【弾いてもらった】

リジナルと比べてみよう

ギタリストが変わっただけで、こんなにロックなサウンドになるんだって感じ。
オリジナルだけだと比べようがないけど、こうやって比べられると、どちらのギタリストの個性も見えてきますね。

何はともあれ、Katzuya Shimizu氏が弾いてるほうのサビのギターとギターソロは速すぎて何がなんだか分かりません。
超絶技巧プレイです。
耳コピできたらすごいです。
僕は、3秒で諦めました。

ターパートのダウンロード

こちらからできます!
http://choroidea.com/DISCO/ZENRYOKU_syndrome/

オリジナル音源のダウンロード、カラオケ、パート別音源のダウンロードも出来るので、色々組み合わせて、自分だけのカスタマイズ音源や、新たに色んな「やってみた」への挑戦ができます。

めて八十八ヶ所巡礼のご紹介

こんなのだったり、

こんなのだったり、

こんなのだったり、

こんなのもあります。

こんなに面白いことになるなら、ギターだけじゃなく、ボーカルも、ベースもドラムも、またミックスやPV、踊ってみたなど色々聴いてみたい、観てみたい!
挑戦者求む!!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。