【ボカロ 弾いてみた】三橋隼人(HERE)のギターフレーズの作り方

圧倒的なライブが人気のおすすめロックバンド、HEREのスーパーブルースギタリスト 三橋隼人氏がなんと、「全力症状」のギターの「弾いてみた」をやってくれました!

録音方法、機材、作り方など気になる方は、ボカロ曲「全力症状」ミックス講座のカテゴリー記事一覧を参考にしてみてください。

ギター演奏音源自体は、だいぶ前に頂いていたのですが色々と編集作業などに時間がかかってしまい、公開が遅くなってしまいました。

が、是非とも聴いて頂きたい!
ギターのアレンジから演奏まで、全てやってくれてます!

三橋隼人(HERE)】全力症状【弾いてみた】

Katzuya Shimizu氏(八十八ヶ所巡礼)、choro氏の演奏と聴き比べてみよう

ギターソロの部分なんか、それぞれの個性が際立っていますね。

オリジナルだけだと比べようがないけど、こうやって比べられると、どちらのギタリストの個性も見えてきますね。

HEREのご紹介

こんなのだったり、

こんなのだったり、

こんなのもあります。

三橋隼人というギタリスト、HEREというバンド、今後も要チェックですね!

HERE Official site
三橋隼人 Twitter

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。