【全力機材#8】CHERRY NADE 169の使用機材-滝澤大地(Vo./Gt.)編

力機材について

この番組は、アーティストの機材を、某笑っていい〇も的な友達紹介システムで公開していく番組です。
気になるアーティストの機材だけでなく、アーティストの交友関係までわかるなんて楽しくて、素晴らしい!

力機材-滝澤大地(Vo./Gt.)編

使用ギター

les1
・Gibson Historic Collection 1960 Les Paul Special Single Cut TV yellow

使用エフェクター

エフェクター紹介3
①tc electronic polytune(チューナー)
②BOSS DD-20 GIGA DELAY(デジタル・ディレイ)
③TC HELICON VoiceLive Play GTX(ボーカル用マルチエフェクト・プロセッサー)
④EGNATER TOURMASTER 4100専用フットスイッチ

使用マイク

IMG_4834_R
・SENNHEISER e865

使用アンプ

アンプ
・EGNATER TOURMASTER 4100(アンプヘッド) ※写真上
・HUGHES&KETTNER CC412BV(キャビネット) ※写真下

EQなどのセッティングはこちら。
IMG_4840_R
IMG_4841_R

れがCHERRY NADE 169のサウンドだ!

エフェクターの詳しい使い方や効果については、全力機材の動画を参考にしてほしい。
また、実際に楽曲でどう使われているかを、下記の動画を参考に、お楽しみ下さい。

 

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。