【アレンジ講座 2/10】「基本のアクセントとベースでコード進行を変化させる」 -ロックバンド編-

ついつい楽曲を編曲するとなると、ギターなんかでいきなりコードをいじりがちになってしまいますが、僕の場合は基礎となるドラム、ベースからアレンジしていく方法をとります。

和音となる音楽的な要素をいきなり壊すと作っている側も混乱しやすいですからね。
リズム隊のアレンジから曲のイメージを膨らませていくのがコツです。

の曲が、アレンジでこんなに変化します!

今回使用させて頂いたのは、こちらの楽曲。
gPyymULL_400x400
作曲について語るマモルさん」こと、「はと」さんの楽曲『HM』。

Jeeptaギタリストのchoroと作・編曲家のこおろぎによるそれぞれのアレンジはこちら↓

↑このアレンジ過程を見たい方は、ロックアレンジ-choro編カテゴリー

↑このアレンジ過程を見たい方は、クラシックアレンジ-こおろぎ編カテゴリー

この楽曲が上の動画達のアレンジになっていくまでの過程をお見せしていきます!

ごしらえ

choro-ss
さて、2日目。
1日目にたくさん聞き込んだので、やっと2日目に少し手を付けていく作業に入ります。

てなわけで、ドラムトラックを追加。

ドラム ドラム1

上の画像の感じで、ハイハットだけ打ち込んだドラムパターンをいくつか試す。
音はこちら。


▲Drum pattern #1


▲Drum pattern #2


▲Drum pattern #3

さて、何をやっているかわけがわからない方も多いかと思いますが、簡単に言うとアクセントを知る作業です。
いきなり色々入れてしまうと、こんがらがってしまうので、このくらいシンプルにすると頭でバスドラやスネアが鳴ってくれたり、ハイハットも欲しいところ欲しくないところ見えてきます。

なんとなく全体像が見えてきたので、ここからスネア、バスドラを加えてデッサンしていきます。

ドラム4バスドラ加え


▲Snare drum added


▲Snare and bass drum added

ベースを入れる

何となくデッサンが出来たところでベースを加えていきます。

普通は、原曲にコードが付けられている時は、作曲者のイメージが含まれていることが多いのでコードも変えずにそのまま作業しますが、今回は自由にコードを変えさせて頂くことを前提で編曲しています。

ベーストラック追加

まずは、原曲の弾き語りのコードのベース音をそのまま打ち込む。


▲Root notes added

元の弾き語りは、ずっと、C→Emの進行。

ベーストラック追加コード付

 一番オーソドックスな楽曲は、Aメロ→Bメロ→サビといった感じがメロだけやコード進行だけで分かるけど、今回の楽曲は、Bメロ→Bメロ2→サビとか、Aサビ→Bサビ→Cサビのような雰囲気。

こういう楽曲もたくさんあるし、コードがループしててかっこいいんですが、今回は、この楽曲をAメロ→Bメロ→サビという方向に持っていきたいので、ベース音をいじってみる。

ベース仮完成

一番大きな変化は、サビの前を「B音」に変えたところかな。
これだけでも、サビ感が出てくる。


▲Tentative bass added

2日目終了

choro-ss
本日は、2、3時間の作業といったところでしょうか。
下準備の段階は、何度も聴き返すのにけっこう時間を使います。

上にも書いたけど、改めてこの曲のアレンジは難しいな、と感じてます。

アレンジに関して言ってしまえば、アカペラの段階でAメロ、Bメロ、サビがはっきりわかる曲は、正直余計なことしないほうがかっこ良かったりするんですよね。

今回のは、元々そういう流れじゃない曲を、そう持ってこうとしているので、大変難しい。
だけれど、言い換えれば、アレンジによって大きく変化する曲だということです。

では、次回をお楽しみに!

次の記事はこちら
【アレンジ講座 3/10】「音楽的にリズムのパターンを進行させるコツと方法」 -ロックバンド編-

前の記事はこちら
【アレンジ講座 1/10】「音楽の基本はひたすら繰り返し聴くこと」 -ロックバンド編-

この記事の一覧はこちら
ロックアレンジ-choro編カテゴリー

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。