【アレンジ講座 8/10】「打ち込みのストリングスの基本的な方法とコツ」-ロックバンド編 –

DTMが盛んになり、またソフト音源でも生演奏に近いクオリティのストリングスやブラス音源がありますから、バンドサウンドやポップス、ロックの世界でも多くクラシックの楽器が編曲で使われるのが普通になってきています。

バンドアレンジでは、基本的に厚みを出すためのストリングスは5度の音で構成すると良いなんて言ったりますが、ここではあくまでそういった味付けとしての参考になればと思います。
実際、ロックバンドでもCDなど音源という作品でレコーディングする時は、ストリングスを使う機会がありますので、「どこに、どんな雰囲気で入れたい」くらいはイメージできるようになっておくと良いと思います。

の曲が、アレンジでこんなに変化します!

今回使用させて頂いたのは、こちらの楽曲。
gPyymULL_400x400
作曲について語るマモルさん」こと、「はと」さんの楽曲『HM』。

Jeeptaギタリストのchoroと作・編曲家のこおろぎによるそれぞれのアレンジはこちら↓

↑このアレンジ過程を見たい方は、ロックアレンジ-choro編カテゴリー

↑このアレンジ過程を見たい方は、クラシックアレンジ-こおろぎ編カテゴリー

この楽曲が上の動画達のアレンジになっていくまでの過程をお見せしていきます!

ずは7日目をおさらい

choro-ss
前回までのを改めて聴いてみる

今回、バンドサウンドを意識しているので、これでアレンジ完成でもいいんですが、音源で聴くと大サビがちょっとさみしいのでストリングスを加えようかな、と。

レコーディング現場ではよくある感じですね。「音源用」というか。
この辺は、音の厚みとして欲しいだけだったりするので、エンジニアさんやバイオリニストの方にお任せで加えてもらうことが多いです。

加えたストリングスはこちら。
厚みというニュアンスなので、ほぼ全音符です。

8日目

音はこんな感じ。
ストリングスの知識は乏しいので、あまり語りません。

これでアレンジは完成。
全体通して聴くとこんな感じ。

ちなみに、作成したトラックはこんな感じ。
15トラックありますが、ギターは音色を変えて色々作っているので、実際に同時になっているのは、ボーカル、バッキングギター(重ねでもう一本)、リードギター、ベース、ドラムの5つが基本となってます。

8nitime2

8日目終了

choro-ss
全体のミックスもしながら行ったので、今日は3時間くらい。

これでアレンジ自体は終了です。
今回は、この音源のミックスをこおろぎさんにお願いすることになりました。

ここからさらにもう一段階、どう変わっていくか、お楽しみに。

次の記事はこちら
【アレンジ講座 9/10】「バンドサウンド音源のミックスのコツ」-ロックバンド編 –

前の記事はこちら
【アレンジ講座 7/10】「リズムギターの伴奏のやり方。バッキング、アルペジオなどの方法」 -ロックバンド編-

この記事の一覧はこちら
ロックアレンジ-choro編カテゴリー

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。