【アレンジ講座 5/10】「イントロとアウトロ。全体像が見えてきた」-クラシック編 –

邦楽の歌やポップス曲でも、ちょっとクラシカルな楽器を入れてかっこいい感じに仕上げたかったりするものです。
ここでは、基本のストリングスの入れ方から、他の楽器の使い方も学べるのではないかと思います。

一度にコツを学ぶのは難しいので、伴奏の付け方、ドラム、ベース、ギターなど手順を踏まえてできるだけ分かりやすく伝えていってます。

の曲が、アレンジでこんなに変化します!

今回使用させて頂いたのは、こちらの楽曲。
gPyymULL_400x400
作曲について語るマモルさん」こと、「はと」さんの楽曲『HM』。

Jeeptaギタリストのchoroと作・編曲家のこおろぎによるそれぞれのアレンジはこちら↓

↑このアレンジ過程を見たい方は、ロックアレンジ-choro編カテゴリー

↑このアレンジ過程を見たい方は、クラシックアレンジ-こおろぎ編カテゴリー

この楽曲が上の動画達のアレンジになっていくまでの過程をお見せしていきます!

ントロ

kohrogi
ざっくりできた所でイントロ。行ったり来たりして大まかに少しずつ全体を作っていく。

チェレスタの音色をもうちょっと現代的にしたいな。ということで音色をOmnisphereの「Glass Picking」に変更。考えてた通りの音色が見つかったので気持ちいい。

この音色でイントロを考えよう。Aメロの最初をループさせてみたんだけど。

うーん、いまいちだなあ。

もうちょっとドラマチックな感じが欲しい。

フレーズを練りなおして、リズムもつけてみた。

うん、Aメロ直前はこれでいいかな。

もうひとつ前にイントロ入れたいんスよ。

思いつかないから、サビのストリングスのフレーズを持ってこよう。同じフレーズが形を変えて何度も出てくる事で、曲の統一感と印象を出すテクニックだ。ライトモティーフとも言うね。はい、完全に後付けです。

テンポが2倍に伸びるのでちょうどいい。

image01

和音をつけて、リズムを組み直して…これでどうかな。やり過ぎかな。

イントロの明るい和音が効果的に聴こえるように、ストリングスの和音は不穏に。最後に伸ばす所とチェレスタが被って入ってくるとドラマチック。あとで細かい所直そう。

image00

うーん、イントロのグリッチいらんような気がしてきたし、ストリングスの後はもうちょっとひっぱりたい。

修正して、なんか色々足して、とりあえずイントロはこれで。

ウトロ

次は曲の最後、アウトロ。盛り上げたままアウトロへ。

基本パターンはそのままで、チェレスタっぽい音色でフレーズを重ねる。

最後はAメロの前と同じフレーズでシメる。

こんな感じでどうだろう。歌詞も最後が「生きて」なので、明るく終わりたいな。

5日目終了

kohrogi
イントロとアウトロをつけて、ここで全体像が見えてきましたね。やっと曲になってきた。

遊びすぎたけどまあアレンジ対決だからこれくらいのほうがいいかな…w

依頼の場合はこの時点でクライアントに送って構成などを確認します。

本日は10時間くらいかな。やっぱりイントロに時間かかっちゃた。

では、次回から細部を詰めていきますよー!

今回は内容少なかったのでおまけ。

うちのオーディオインターフェイス RME Fireface UC ちゃんです。

RME Fireface UC

次の記事はこちら
【アレンジ講座 6/10】「ベースとBメロの詰め」-クラシック編 –

前の記事はこちら
【アレンジ講座 4/10】「全体の構成を練る – 大サビと間奏」 -クラシック編-

この記事の一覧はこちら
クラシックアレンジ-こおろぎ編カテゴリー

考記事

今回使ったものの記事を貼っておくので参考にしてみてください。

・【ソフト音源】モダンでソリッドで効果音も使えすぎるSPECTRASONICS Omnisphere レビュー

イントロで使ってるストリングスはこの2種類。

・【ソフト音源】使い勝手がすんごくいい総合オーケストラ音源 ProjectSAM Orchestral Essentials 徹底レビュー【デモあり】

・【ソフト音源】audiobro LA SCORING STRINGS(LASS) レビュー【再掲】

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。