【アレンジ講座 7/10】「間奏と大サビを詰める」-クラシック編 –

ストリングスのアレンジのやり方を中心に、スタッター、グリッチ、フィルターを駆使したフィルが簡単にできるプラグイン「Glitch Bitch」を紹介しています。
その他、ソフト音源audiobro LA SCORING STRINGSなどを使用していますので、DTM、打ち込みのアレンジのコツや方法を掴みたい方はぜひ参考にして頂ければと思います。

の曲が、アレンジでこんなに変化します!

今回使用させて頂いたのは、こちらの楽曲。
gPyymULL_400x400
作曲について語るマモルさん」こと、「はと」さんの楽曲『HM』。

Jeeptaギタリストのchoroと作・編曲家のこおろぎによるそれぞれのアレンジはこちら↓

↑このアレンジ過程を見たい方は、ロックアレンジ-choro編カテゴリー

↑このアレンジ過程を見たい方は、クラシックアレンジ-こおろぎ編カテゴリー

この楽曲が上の動画達のアレンジになっていくまでの過程をお見せしていきます!

kohrogi
Glitch Bitchでフィル入れたんだけど途中がしっくりこねえ。最後はまあまあかな。
image04

途中のはやめて、リズムの部分もちょい直して…これでいこう。

サビのストリングス、ホルン詰め

大サビを詰める。

今までのサビよりメロディックなストリングスを入れる

流れを聴き返しながらボーカル、ベースとの兼ね合いやメロディが自然になるように盛り上げる。

うん、こんな感じ。

駆け上がりを多めに入れてみた。

オレンジがストリングス。
image02

ストリングスに合わせる感じでホルンを入れる

ユニゾンにしたり、和音にしたりして聴こえ方を調節。

こんな感じ

オレンジがホルン。あとはストリングスとボーカル。よくわからないかも…
image01

ホルンの音源紹介してなかったけど、eastwestのHollywoodBrass。この音めっちゃ好き。

image00

ウトロのストリングス、ホルン詰め

アウトロは同じくストリングスとホルンで。

チェレスタ、ベースラインの兼ね合いを聴きながら打ち込む。

できた。

ピアノロールはこんなん。

image03

7日目終了

kohrogi
今回はここまで。6時間くらいです。

全体はこんな感じになりました。

大体できましたね。

次回はボーカル、コーラスを入れ、ミックス前の最終調整に入りたいと思います。

ではでは。

次の記事はこちら
【アレンジ講座 8/10】「微修正とボーカル、コーラス。そしてラフミックス」-クラシック編 –

前の記事はこちら
【アレンジ講座 6/10】「ベースとBメロの詰め」-クラシック編 –

この記事の一覧はこちら
クラシックアレンジ-こおろぎ編カテゴリー

考記事

今回使ったものの記事を貼っておくので参考にしてみてください。

・スタッター、グリッチ、フィルターを駆使したフィルが簡単にできるプラグイン「Glitch Bitch」がすき

・【ソフト音源】audiobro LA SCORING STRINGS(LASS) レビュー【再掲】

・【DTM】歌もの(ボカロ曲)ストリングスアレンジの打ち込みが簡単に上手になる11のコツ

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。