3万円以内!初心者向けアコギ3選とおすすめ教材、揃えるべきアイテム

はじめてのギター購入。
最初に悩むのが何を買っていいかわからないということ。
価格や予算についてもそうだけど、選び方、何がおすすめなのか?も知りたいものですよね。

そんな初めてづくしの方におすすめのアコースティックギターメーカーから、必要なもの、「まず何から始めればいいの?」という話をしていきたいと思います。

MORRIS

特別安いギターばかりを扱っているメーカーではありませんが、MORRIS(モーリス)のアコースティックギターは3万円以内で買えるものもあります。

僕はギター講師をしていますが、レッスンを受けにきた生徒が弾いていたアコギの音がとても良くて、「どこのメーカーだろう?」と気になって見てみたらMORRISで、値段もかなり安いものでした。
実際に弾いて、音を聴いているのでオススメできるギターメーカーです。

Epiphon

Epiphone(エピフォン)はエレキギターで有名なGibsonの廉価ブランド。Gibsonの廉価版ギターを取り扱っていますが、Epiphone独自モデルも販売しています。

こちらのメーカーは友人のギタリストがエンドース契約をしているので、弾かせてもらったことがあるのですが、低域もしっかり出た豊かなサウンドをしていて、良いアコースティックギターだなぁという印象を受けました。

YAMAHA

ここで語らずとも昔から有名な楽器メーカーですよね。
ヤマハのギターは安くても3万代といったところですが、生産量も多く中古品もたくさん出回っているので、中古であれば2万以内で買える品がたくさんあります。

正直な感想としては、弾きやすさ、音色に関しては「当たりはずれがある」といった印象なのですが、作り自体はしっかりしているので、初心者であればその辺は気にする必要はないと思います。

「教則本、ギタースタンド、チューナー、交換弦、ストラップ、ピック、ソフトケース全てつけて1万2800円!」みたいな初心者用セットがありますが、僕は特別オススメはしませんが特別否定もしません。

上記に挙げたメーカーは安いといっても、3万前後くらいが相場。
とりあえず、練習できればいいというなら初心者ギターセットでも十分だと思います。

ただ、セットで売っていて必要ないなと思うものは、シールド、ピックあたり。
シールドに関しては、大体セットで付いてくるものはすぐに断線して音が鳴らなくなります。
また、ピックは買っても100円程度ですし、だったら自分に合ったものを選んだほうがいいでしょう。

もし、初心者ギターセットで安く購入したいと思うなら、オススメするのはYAMAHA(ヤマハ)のギターの初心者セット。

何本か初心者ギターセットのギターを弾いたことがありますが、やはりYAMAHAが一番作りがしっかりしています。
値段も、2~3万あれば一式揃います。

安い買い物はあとで高く付く

僕が上記のメーカーをオススメする理由は、長く使えるという点です。
廉価ブランドといっても、技術はしっかりしてます。

ギターというものは弾けば弾くほど、音が響くように鳴ってきます。
また、ネックが反ったり、配線が切れたりなどのトラブルも出てきます。
そういった面での修理の値段を考えると、最初からある程度の値段のものを購入したほうがいいでしょう。

初心者セットのギターに関しては、とりあえず練習するためにギターを持つという点ではいいのですが、作りが荒く、音程が悪いものも多いです。

弾けるようになると、必ず新しくギターが欲しくなるので、もう一度ギターを買うことになり、結局は高く付いてしまうことがあります。

ギターをやめる人が初心者用ギターセットを買う

経験則ですが、そういう印象を受けています。

簡単に言うと、「どれだけギターが弾きたいか?上手くなりたいか?」なんですよね。
5万円ギターに払った人は、5万円分上手くなります。
1万円ギターに払った人は、1万円分しか上手くなりません。

もちろん、各々の収入がありますし、性格もありますから一概には言えませんが、大体タダでギターをもらった人、できるだけ安くギターを買った人のほうがギターをやめる率は高いです。

ギターの値段の違いって何の違い?

ギターは、木というナマモノを使っているので、「当たり」があります。
ギターをよく見てもらえばわかると思いますが、同じ型番、同じ値段で売られているものでも木目が全然違います。
木目が違うってことは、音が違うってことですよね?

楽器の値段というのは、要はどれだけ良い木や部品を使っているか?
ということだと思います。
「このギターは安く売るから、手を抜こう」というのは、職人の行為としてはないでしょう。(そう信じたいです)

そうなると、安く仕入れた木材でも「当たり」もあれば「ハズレ」もあるし、高く仕入れた木材でも「当たり」もあれば「ハズレ」もあるってことです。

「魚沼産コシヒカリ」って言われたって、一定の信用があるだけで、農家の人それぞれの育て方も、その年の出来も違うし、魚沼の農家ごとに育てたコメを食べ比べたら全然味が違うはずですよね。

ギターと一緒に購入しておきたいもの

クリップチューナーは本体に取りつけて使うので、ギターと繋ぐシールドもいらないですし大変便利です。
今はライブなどでも使われるくらい性能がいいものが多いですし、とりあえず買うなら安いもの、使いやすいものを選んでもらって問題ないと思います。

ギターを買ったら最初はパワーコードを覚えよう!

「まず何から始めればいいの?」と方へ。
いわゆるエレキでよく使われる奏法ですが、アコギだっていきなりコード弾くのは大変だし、弾けなかったら楽しくなくてイヤになっちゃいますからね。

まずは、弾く楽しみを覚えること。
それが大事だと思いますよ。

初心者におすすめの教則本

初心者にこそ、音楽教室でレッスンを受けていただくことが一番ですが、独学でもモチベーションを保って毎日練習できる方ならオススメできる教則本はたくさんあります。

初心者にレッスンをおすすめする理由としては、本に載った写真だけでは理解しづらいという点があるので、DVD付きというのはとても大事です。
DVDと本がキチンと連動していて非常に分かりやすく、本当にこれから始める初心者の方でも理解できる丁寧な解説になっています。
それと、弦交換のやり方もDVDに入っているのですが、これもなかなか他の本では詳しく解説してくれていない貴重な情報だと思います。

▼全国どこからでも自宅でレッスンが可能

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。