ハンマリング・プリング-効果的な練習方法

ハンマリング・プリングはギターのプレイで欠かせない奏法。
そして、ロックギターでは、マイナーペンタトニックスケールというスケールが最も使われるスケールです。

なので、マイナーペンタトニックスケール上で、ハンマリング・プリングの練習をすることが効果的です。

マイナーペンタトニックスケールとは?

マイナーペンタトニックスケールとは、マイナースケール(ラシドレミファソの音の並び)からシとファを抜いた5音階の音の並びです。
この音の並びで演奏するだけで、ロックテイストなメロディが奏でられます。

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%bf

▲画像はA音(ラ)から始まるAマイナーペンタトニックスケール。
ギターはKeyが変わっても、スケールの運指は変わらないので、まずはこの形を覚えましょう。(動画0:41辺り~)

ペンタ上行形でハンマリングの練習

では、早速練習していきましょう。
マイナーペンタトニックでは、音程が上がっていく場面でハンマリングが使われます。(動画1:50辺り~)

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e4%b8%8a%e8%a1%8c

▲ハンマリングを使ってマイナーペンタトニックスケールを上行。
8フレットで小指を使うのが難しければ、すべて薬指で演奏してもらっても大丈夫です。

ペンタ下行形でプリングの練習

続いて、プリングの練習です。
音程が下がっていく場面で、プリングが使われるのでマイナーペンタトニックスケールの下行形でプリングを使って練習します。(動画2:32辺り~)

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e4%b8%8b%e8%a1%8c

▲プリングを使ってマイナーペンタトニックを下行。
ハンマリングの時と同様、8フレットで小指を使うのが難しければ、すべて薬指で演奏してもらっても大丈夫です。

ペンタ上行形でハンマリング・プリングの練習

次は、マイナーペンタトニックの上行形でハンマリング→プリングをひとつの弦ごとに弾いていく練習です。
ハンマリング・プリングを合わせて使う場面も多いので、これも効果的な練習です。(動画2:52辺り~)

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e4%b8%8a%e8%a1%8c

▲ハンマリング→プリングを交互に使ってマイナーペンタトニックを上行。
8フレットで小指を使うのが難しければ、すべて薬指で演奏してもらっても大丈夫です。

ペンタ下行形でプリング・ハンマリングの練習

次は、先程と逆のパターン。
ハンマリング→プリングのパターンも多く使われますが、プリング→ハンマリングのパターンも良く出てきます。(動画3:12辺り~)

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e4%b8%8b%e8%a1%8c

▲プリング→ハンマリングを交互に使ってマイナーペンタトニックを下行。
8フレットで小指を使うのが難しければ、すべて薬指で演奏してもらっても大丈夫です。

この4つのフレーズを繰り返し練習することで、実際に曲を演奏する時、バンドスコアをコピーする時に大変役に立ちます。

Keyによってフレットの位置が変わることはありますが、同じ運指で弾く曲がたくさん存在することに気づくでしょう。

▼全国どこからでも自宅でレッスンが可能

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。