おすすめピック – 初心者、中級者、上級者別!種類と選び方

ピックの種類、選び方について解説させてもらってから、持ち方や初級者、中級者などレベル別にオススメの形状・硬さなど紹介していきます。

はじめての方で、すでに買いたい可愛いピック、かっこいいピックがあるなら全然それを買って構わないと思いますが、上手くいかずにつまずいた時のために目を通しておくと良いと思いますよ。

また、ある程度弾ける人でも速弾きができない、カッティングが上手くできないなど、上達に伸び悩んでる方は改めてピッキングについて考えてみるといいかもしれません。

オニギリ型(トライアングル型)

オニギリ

コードストロークなどに向いていて、弦に当たる面積が広い分、太く音量を大きく出やすいです。
アコースティックギターを弾かれる方、ギターボーカルなどコード弾きが多いギタリストはオニギリ型を使う方が多いです。

ティアドロップ型

ティアドロップ

先端が細くなっているので弦の抵抗が少なく、ピッキングがスムーズにできます。
単音で弾くことが多い方、ソロを弾いたりするリードギターを弾くギタリストにはティアドロップ型を使う方が多いです。

重視するのはピックの硬さ

ピックの形状については、初心者の方は単純に好みの形で選んでもらったり、自分が弾きやすいと思うものを使ってもらえば良いと思います。

上達のために僕が意識してほしのは、形状ではなく硬さです。
特別今使っているピックで苦労なく上達できているなら気にしなくてもいいのですが、どうも上手くピッキングが上達しないという方はピックの硬さに意識を向けてみるといいと思います。

初心者はやわらかいピックを使おう!

初心者の方、ギターをはじめたばかりの方は、柔らかいピックがオススメです。
0.5mm以下のピックでソフト(SOFT)またはシン(THIN) と書かれています(画像のようにアルファベット頭文字で表記されている場合もあります)。

どうして柔らかいピックを使ってほしいかというと、弦の抵抗が小さいからです。
初心者のうちは安定した状態でピックを持てないので、ピッキングした途端にピックがずれたり深く弦に入りこんでしまって上手くピッキングができなかったりするんですよね。

まずは繰り返しピッキングして経験を積んでしまうことが大事なんですが、上手くピッキングできないとピッキングに意識を向けてしまいがち。
まずは、できるだけストレスなくピッキングできる柔らかいピックを僕はおすすめしています。

中級者は硬いピックを使おう!

中級者の方には、硬いピックがオススメです。
0.9mm〜2mm位のピックでハード(HARD)またはヘヴィー(HEAVY)と書かれています。

どうして硬いピックを使ってほしいかというと、弦の抵抗が大きいからです。
初心者のうちは柔らかいピックの小さい抵抗でストレスなく弾くことが上達の近道ですが、上級者を目指すには正しいピッキングに近づけていく必要があります。

できるだけピックを軽く持ってピッキングすることが理想のピッキングなのですが、実際にどのくらいの強さかを知るのはなかなか一人では難しいものです。

硬いピックで弾く利点というのは、抵抗が大きいですから、ピックを軽く持たないと弾けないということです。
力を抜かないとキレイにピッキングができないので、硬いピックでギターを練習するようにすると自然とほどよい力加減が身についてきます。

上級者はなんでもオッケー!

しっかりピッキングができるようになったら、そこからはどんなジャンルのギターが弾きたいか?どんなギタリストになりたいか?が大事になってきますから、自分に合ったピックを使ってもらえれば大丈夫です!

▼ちなみに僕はこれを使ってます!

DAVAのコントロールピックは真ん中の部分が薄くなって、持つ位置によりシナリが変化するため、一枚のピックで、ソフト、ミディアム、ハードの反応の使い分けができ、サウンドの変化が得られるUSA特許の画期的なピック。プレー中においても、たとえばストロークプレー時は少し上を持ち、リードプレーなら下までつかむことで、1枚で瞬時にいろいろ使い分けができます。

僕はバンドではリードギタリストの立ち位置ですが、リードギターだからといってソロのような単音弾きリードプレーだけでなく、ストロークも演奏するので、このピックで持ち方変えて使い分けて使ってます。

▼詳しく知りたい方は動画もぜひどうぞ

▼全国どこからでも自宅でレッスンが可能

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。