コードストロークをアレンジ!基本リズムを発展させて練習する

コードストロークで大事なことは、空ピッキングとシンコペーション、そしてスムーズにコードチェンジができること。

これができれば、そこからブリッジミュート、スライド、カッティングなどを加えることによって、同じフレーズでもバリエーションのあるフレーズが出来上がっていきます。

▼空ピッキング、シンコペーションをまだ習得していない方はこちらを参考にしてください。

実際の演奏で弾くために、8分音符の基本のリズムのパターンを使って練習していきましょう。
倍の速さにすれば、そのまま16分音符で練習できますよ。

基本リズムパターン

▼まずは、空ピッキングとシンコペーション、コードチェンジを使用した基本のリズムパターンを弾いてみましょう。(動画0:20辺り~)

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3

まずは、ゆっくりのテンポから、少しずつ早く弾けるようにしていきます。

空ピッキング、シンコペーションをマスターしていれば、それほど難しくないフレーズのはずです。

ブリッジミュートでアレンジ

▼基本のパターンができたら、それをブリッジミュートで弾いてみましょう。(動画3:20辺り~)

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3

どうですか?
これだけでも、さっきのフレーズと全然雰囲気が変わってきますよね。

カッティングでアレンジ

▼次はカッティングでアレンジを加えていきます。
シンコペーションの手前のフレーズをブラッシングに変わっています。(動画3:34辺り~)

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%ef%bc%92

これで、基本パターン以外に2パターンできました。

スライドでアレンジ

▼次はスライドを使って、アレンジを加えてみましょう。
スライドのタイミングによって、聴こえ方も変わってくるので、まずは動画を参考にしてみてください。(動画3:54辺り~)

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b33

このように、ひとつのフレーズを覚えたら、そのフレーズを元にいろんな奏法を加えて練習していくことで演奏のバリエーションが増えていきます。

教則本などで、奏法ごとに違うフレーズが載っていたりしますが、そうなると覚えるのも大変ですし、いざ自分で作ったフレーズや覚えたフレーズをアレンジしようと思ってもできないものです。

ここで作った3つの新しいパターンを組み合わせて、自分のオリジナルのフレーズを作ったりと工夫してみてくださいね。

▼全国どこからでも自宅でレッスンが可能

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。