【ミックス講座Ⅱ 9/10】打ち込みドラムで生のノリやグルーブを出すコツ

ドラムを叩いた経験、バンドの経験のない人にとっては、キック(バスドラム)、ハイハット、スネアといった3点のバランスがつかめず、機械っぽいサウンドになってしまいがちです。

音量調整やタイミングの調整が大事になってくるわけですが、こういったことをミックスでEQやコンプをかけるまえに意識してやっておくと、後々にミキシングが楽になってくると思います。

回使用した楽曲はこちら

↓ボカロ曲「井ノ頭線」。作曲者はロックバンド Jeeptaのchoro。

↑この曲のミックス、マスタリングが完成するまでの全工程を対談方式で解説していきます。

ミックス講座のカテゴリーはこちら
【ミックス講座】ボカロ曲「全力症状」カテゴリー
【ミックス講座Ⅱ】ボカロ曲「井ノ頭線」カテゴリー

の原型完成

02
【choro】
よし、曲の原型が完成したぜ!

image09

れじゃ、ドラムのベロシティを中心に編集していこう。

image00

み系のハイハット、ライドシンバル。

ここが一番重要なので、しっかりメリハリをつけて調整だ。image06

AメロBメロは静かなシーンなので、スネアも少し抑え目に…。

image01

AメロBメロは静かなシーンなので、シンバルなどの金物類も抑え目に…。

image09

とは、2打目のバスドラを少し弱めに設定して…と。

image02

ビ前の音が伸びるシーンはあまり音が強くなりすぎないように。

その後のサビに向けて盛り上がってくシーンは、1音ずつボリュームが上がるように調整して完成だ。

 

【完成後と完成前の比較】

曲「井ノ頭線」の原型が出来たのでお送りしますね。

03
【上原】
了解しました!

では次回、choroさんから受け取ったデータでどのようにミックスしていくか手順を踏まえて説明していこうと思います。

次の記事はこちら
【ミックス講座Ⅱ 10/10】ドラムの音作りはEQよりもコンプが大事

前の記事はこちら
【ミックス講座Ⅱ 8/10】ベースの役割を意識したEQ、コンプ処理の手順とテクニック

「井ノ頭線」ミックスの記事一覧はこちら
【ミックス講座Ⅱ】ボカロ曲「井ノ頭線」カテゴリー

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。