ピッキングハーモニクスの奏法解説とコツ

ピッキングハーモニクスとは。ピッキングとほぼ同時に親指を弦に触れる事でハーモニクス音を出すテクニックです。
実際にどういった音が出るか、下の動画をご覧ください。

このように、実音より1オクターブ上、さらに1オクターブ上+3度上や5度上等、様々な音を出す事ができます。

コツ① ピッキングハーモニクス用にピッキングの仕方を変える

まず通常のギターのピッキングの仕方では親指を弦に触れさせるのが物理的に難しいと思います。僕の場合、ピッキングハーモニクスをする時はピッキングの仕方を変えて弾いてます。具体的にどうしているかというと、分かりづらいかもしれませんが少しだけ親指の爪を自分側に向くように手首に角度を付け、さらに少しだけ手首を捻るように弾いてます。そうする事でピッキングした時に親指が弦に触れやすくなります。

コツ② ピッキングハーモニクスポイントを知る

ピッキングハーモニクスにはハーモニクスが鳴るポイントとそうでないところがあります。1つ目の動画をもう一度観てみましょう。右手の位置が横に移動しています。これはハーモニクスポイントを変えて違う音程の音を出している為です。このハーモニクスポイントを知る事が大事です。逆に言うと、コツ①の弾き方で仮に上手く弾けてても、ハーモニクスポイントで弾かないと鳴るものも鳴らないという事です。ハーモニクスポイントはいくつかありますが、まずは実音の1オクターブ上のハーモニクスポイントをマスターするところから始めましょう。2つ目の動画のようにどこを弾いても1オクターブ上のハーモニクスを鳴らせるようになってから、他の音程のハーモニクスポイントを探ると良いです。

根気強く時間をかけて練習を

ピッキングハーモニクスは習得するのに時間を要します。実際に僕自身、習得までにかなりの時間を要しました。始めのうちは、親指があたらず普通に実音だけが鳴ったり、親指があたりすぎて音が消えたり、なんて事は多々ありますが、上に書いたコツを意識しつつ何度もやっていると、たまに鳴ってくれるようになります。その鳴る頻度を上げていく、野球の用語でいうなら打率を上げていくイメージです。諦めずに根気強く練習しましょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事