歪みはアンプでもエフェクターでも作るな!ー実技編

どうしても最初のうちは、アンプや歪みエフェクターに良い音、力強い音を求めてしまいがちですが、本来ギタリスト本人が何も接続していない生のギターの音で、力強く良い音が出せていれば、アンプやエフェクターはきちんとそれに反応して同じように良い音、力強いサウンドを出してくれるものです。

太いサウンドを出すために、メモリの値を気にしたり、おすすめのエフェクター探しに奔走するギタリストもいますが、プロや上手な方はアンプ直でも定番のエフェクターでも荒くならず、1音1音分離した細かいコード感があり、輪郭をしっかり伴った迫力のある音を奏でます。

音がこもる、汚い、ノイズが多い、などギター音作りに関する悩みの相談は本当に多いです。
歪みすぎると音抜けも悪く、音がこもる、バンドで埋もれる原因にもなりますしね。

前回の記事で、歪みの仕組みを知っていただいたのを踏まえて、今回は実際にどのように練習すればいいのかを中心に解説していきます。
オーバードライブ、ディストーション、ファズなど種類はありますが、基本的には原理は一緒なので、しっかりパワーのある歪みを出すコツを掴み、どんなアンプやエフェクターでも良い音、良い歪みが出せる技術を身につけていきましょう。

歪みの原理とは?(前回のおさらい)

復習を踏まえて、改めて簡単に説明しますね。

▼まずは、図を見てみましょう

歪み量1

・緑色⇒音量
アンプから出る音量ではなく、エフェクターに入力される前の音量。純粋な生音のことです。
仮に、左側は音量10右側は音量7とします。

・点線⇒Gainのメモリ
どの音量から歪むかを決めます。
図でいうと、メモリ5くらいだと思ってください。
音量5を超えた分だけ歪むってことです。

・橙色⇒歪む量
歪みのメモリが同じでも、音量が違うと歪み量が変わってきます。

つまり、

【左側の図形】
音量10-Gain5=歪み量5

【右側の図形】
音量7-Gain5=歪み量2

になります。

▲このようなお話でしたね。

つまり、ピッキングで音量を大きく出すことができれば、メモリを過度に上げることなく、強い歪みを得ることができて、こもらず、ノイズも少なく、音ヌケの良い、かっこいい歪みを生み出すことが可能になるわけです。

どうすれば大きい音が出せるのか?

1000%e5%86%8d%e7%94%9f%e2%91%a2

さて、本題はこれからです。
生音での音量が上がれば、歪みも増すことは分かったけれど「それじゃ実際にどうやって音量を上げればいいの?」って話ですよね。

やたら、アンプやエフェクターに関する知識はあって、ウンチク語るけれど、実際に弾かせてみると「音、ショボっ!」ってギタリストたくさん見かけます。

ギターの音は、言葉で伝えるものではなく、弾いて伝えるものです。
いくら知識があっても、実際に演奏でそれを表現できなければ何の意味もありません。

そんなウンチクギタリストに、あなたもなってしまわないように気をつけましょう。

力を入れて弾くのはNG!

5da588f99b77077887b76a044ea6c8fd_s

ついつい音量を上げるために、力を入れて弾きがちですが、力を入れて弾くと弦の抵抗が強くなりピックを振りぬくことができなくなります。
特にピックを握る力を強くするのはNGです。

もちろん、ピックを強く握ることで多少音量は上がりますが、力を入れるというのは音量の変化よりも音質の変化が大きいです。

力を入れる=音が固くなる

と捉えて、まずはピックを握る力を極力抜くことを意識することからはじめてください。

力を強くするのではなく、スピードを上げる

走る

大きな音を獲得するコツは、弦を振りぬくピックのスピードを上げることです。
いくらグッと力を入れて握り拳を作っても、ゆっくりとしたスピードでゲンコツしても何も痛くありませんよね?
勢いのある平手打ちのほうが、何倍も痛いはずです。

ギターを弾くのも同じこと。
ピッキングの力を弦に伝えるためには、スピードが何より大事です。

ピックを握る力を強くする→音質の変化
ピックを振りぬくスピードを上げる→音量の変化

と意識して、練習してみましょう。
この記事では、音量を上げることをメインに説明しているので、下のピックを振りぬくスピードを上げることが今これからの課題です。

ピックをうちわだとイメージして練習しよう

ピックは小さいものですから、どこに力が加わっているのか、どこに力を加えるべきなのかのイメージがつきにくいものです。
それが握る強さを強くしてしまう原因でもあります。

なので、僕はレッスンの際、ピックをもっと大きなモノ、例えばうちわやムチをイメージしてもらって、特訓していきます。
ムチはなかなか使ったことある人いないでしょうが(僕も、もちろんないですよ笑)、イメージするモノとしては最高です。
ですが、ここでは、家庭にありそうだし、すぐに手に入るうちわで説明していきたいと思います。

▼まずは、下の画像を見てください。
弦に触れるピックのポイントに力が加わらなければ、弦にもその力が伝達してくれません。

ピック2

▼これを、うちわを使って同じように考える

ピック4

▲ピックとうちわ、握り方が似てませんか?

こうやって、ピックを大きなもので捉えると見えてくると思います。
握る力をいくら強くしても、弦に当たるポイントには力が加わらないってことが。

実際、うちわを仰いだ経験あると思いますが、握る力強くしてもたいして大きな風は起こせないですよね?
それよりもスピードを上げて大きく振るほうが風が起こせるはずです。

つまり、弦の当たるポイントに力を加えるには、そのやり方が一番効率が良いということです。

実際に、うちわが手元にある方は、まずうちわをピックを持つのと同じように握って、顔に向かって大きな風を起こしてみることをオススメします。
そのコツをしっかり掴んだら、ピックを持って同じ要領でギターの弦を振りぬいてみましょう。

これだけで、今までとは見違えるような、グッと力強く鋭い音が出るようになりますよ。

▼関連記事

▼今だけ1200円の講座が0円!

通常1200円で販売されているギター講座の記事「歪みはアンプでもエフェクターでも作るな!ーマスター編」をご好評につき、今だけ無料でお読みいただけます。

当初は価格を下げてのご提供を考えていましたが、記事冒頭にも書いてある通り、「歪みはアンプでもエフェクターでも作るな!ー理論編」「歪みはアンプでもエフェクターでも作るな!ー実技編」をお読みいただきご理解頂いた方でなければ成果の得られない上級者向けの記事です。

内容がシンプルなため、価格をお安く提供することで理解できないレベルの方がご購入されると「役に立たない」と思われる危険性もあるため、思いきって無料で提供させていただくことにしました。

期間限定での無料提供のため、理解できる方はもちろん、理解できない方も今のうちにDLして、後にこういったことを意識して練習する時が来ると頭に留めていただければ幸いです。
あなたのギターレベル向上にお役立てください。

無料DLはこちらから▼
歪みはアンプでもエフェクターでも作るな!ーマスター編【ギター講座】

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

ABOUTこの記事をかいた人

choro

2010年、Jeeptaギタリストとしてメジャーデビュー。音楽教室「コロイデア音楽塾」代表。作詞、作曲、アレンジ他、現在もメジャーアーティストを中心に(takekings、CANDY GO!GO!、サナダヒデト等)サポートギタリストとしても活動中。
バンドマンの本音、ファンとアーティストの関係、音楽ビジネスの正体など、音楽業界のウラ話を書いた「 ギタリストchoroの音楽よもやま話」は月10万PV以上の人気サイト。